スポンサーリンク

布団処分はニトリでもOK|布団処分法9選【無料引き取り・寄付あり】

生活

使わない布団、邪魔ですよね

できることなら、お金をかけずに処分したくはありませんか?

実は、ニトリでは布団処分のサービスがあります

ニトリに布団の処分を頼むのは、粗大ゴミに出すよりもお得なのか?

サービスの使い方も気になりますよね

筆者も、使わなくなった子供の布団処分の方法をいろいろ探しました

本記事では、無料引き取りや寄付を含めた布団処分の方法を9個ご紹介!

この記事はこんな人におすすめ!

  • 安く布団を処分したい
  • どうやって布団を処分したらいいか悩んでいる
スポンサーリンク

布団処分はニトリでもOK|回収費3,000円+家具代が必要

布団処分をニトリにお願いする際には、注意点が2つあります

  • 回収費用:3000円+家具代
  • ニトリで大型家具を買った場合にしか頼めない

ニトリの布団処分サービスは費用がかかります

そもそもニトリでは布団処分のサービスはありません

正しくは、ニトリで大きな家具を買ったときに、3,000円で不用品を回収するサービスです

家具代+3,000円の費用がかかるので注意!

ニトリに布団の処分を頼むメリット・デメリットは以下

メリット

  • 複数の不用品を含めて処分してもらうと安く布団を処分できる

デメリット

  • ニトリで家具を買わないと使えない
  • 布団の処分だけだと不用品回収業者とほぼ同額

ニトリで大きな家具を買う方にはおすすめの処分法ですよ♪

ニトリ以外で布団を処分する方法4選

ニトリ以外で布団の処分をお願いできるところを4つ紹介します

注意点がそれぞれあるのでチェック!

イオン:無料

イオン系列の「Green Dowen Project」参加店舗で布団処分ができます

処分費用は、無料!

注意点は以下

  • 回収費用:無料
  • 品質表示の「ダウン率」が50%以上の羽毛布団のみ回収
  • 店舗に羽毛布団を持って行く必要あり

Green Dowen Project は、貴重な資源である羽毛を再利用する取り組み

処分できる布団は、羽毛布団に限られます

品質表示が50%以上の羽毛布団かどうかは、布団のタグで確認しましょう

羽毛布団の中身だけを再利用するので、破れていたり、カバーが汚れていたりする羽毛布団もOK!

Green Dowen Project 参加店舗はこちら↓

イオンで布団の処分を頼むメリット・デメリットは以下

メリット

  • 無料で羽毛布団を処分できる
  • 穴が開いていたり汚れていても回収してくれる
  • エコなことをしている気分になれる

デメリット

  • 敷布団の処分はできない
  • 店舗に直接持ち込む必要がある
  • 羽毛50%以下は引き取り対象外

いい羽毛布団の処分に困っている方はぜひ使ってみてくださいね♪

コーナン:4,928円~

なんと!コーナンでは実質無料で布団の回収をお願いできます

  • 回収費用:4,928円~
  • コーナンで布団を買った人が対象
  • サービスカウンターまで持って行く必要あり

コーナンでは、対象商品と同じ商品を買った場合、今使っている同等品を引き取ってもらえます

コーナンで販売している布団で、最も安いのはこちら(2021年10月時点)

引用:コーナン公式通販サイト

お近くのコーナン店舗はこちらから↓

店舗によっては、回収できるものが異なる可能性があります

事前に問い合わせてから布団を持って行きましょう

コーナンに布団の処分を頼むメリット・デメリットは以下

メリット

  • コーナンで布団を買えば、実質タダで処分できる

デメリット

  • コーナンで布団を買わないといけない
  • 店舗に布団を持って行かないといけない

新しい布団が欲しい方は、コーナンで買ってはいかがでしょうか?

不用品回収業者:4,000円~

不用品回収業者に頼むのも一つの手

電話やインターネットで申し込みができます

  • 回収費用:4000円~
  • 不用品の回収料金+布団の回収費用がかかる
  • 業者によっては値段が異なる

業者によって対応している地域・回収料金は異なるので注意!

不用品回収業者に布団の処分を頼むメリット・デメリットは以下

メリット

  • 大量の使わない布団の処分が簡単にできる

デメリット

  • 布団1セットだけなら、粗大ゴミに出した方が安い

使わない布団がたくさんある

他の不用品も含めて処分したいという方におすすめ

筆者の様に、店舗まで布団を持って行くのが大変な方も試してみては?

粗大ゴミ:400円~

そもそも、普通に布団を処分すると粗大ゴミです

東京都の場合、処分費用は400円(自治体によって回収費用は異なります)

敷布団+掛け布団は、粗大ゴミで処分するのが1番安い!

処分費用や処分方法は自治体のホームページで確認してくださいね♪

細かく切って燃やせるゴミ:無料

処分費用をかけたくない方は、布団を細かく切って燃やせるゴミとして出す方法もあります

そのためには、30㎝以下に布団を細かく切る必要があります

筆者もチャレンジしましたが、敷布団はキッチンバサミでは切れませんでした

大きなものを解体する専用のはさみが必要です

お手頃価格なので、1つ持っておくといろいろなものを解体するのに便利!

羽毛布団もはさみで切ると羽が飛び散るので、片付けが大変です

切った後は掃除機をかけましょう

燃やせるゴミ出し方は自治体によって異なります

必ず確認してから、ゴミに出してくださいね

無料で布団の引き取りをお願いできる方法2選

無料で布団を処分したい方におすすめの方法を2つ紹介します

ジモティーで譲る

ジモティーなど掲示板サービスを使って譲る方法はいかがでしょうか?

筆者も、大型家具や子供布団セットの処分で何度も利用しています

状態が良いものだと、「無料で譲る」という投稿すると、1時間くらいで引き取り手が見つかることも

布団処分してもらうための送料がかからないのがGood!

ジモティーで布団の処分を頼むメリット・デメリットは以下

メリット

  • 自宅近くまで取りに来てもらえば、無料で布団を処分できる

デメリット

  • 布団の状態が悪いと引き取り手が見つからない可能性あり
  • お譲りする人とのやり取りが面倒

状態がいい布団を処分したい方にはおすすめの方法です♪

引っ越し業者に頼む

引っ越しをする際に布団を処分したい方は、引っ越し業者に相談してみては?

業者によっては、無料で引き取ってもらえるケースもあります

見積もり依頼の段階で営業さんに相談をしてみましょう

引っ越し業者に布団の処分を頼むメリット・デメリットは以下

メリット

  • 実質無料で布団を処分してもらえる可能性あり

デメリット

  • 必ず布団を処分できる方法ではない
  • 引っ越しをする人限定で使える方法

もちろん、布団を処分してくれない業者はいます

この方法は、引っ越しのついでにできたらラッキー!な裏技です

引っ越しで布団の処分にお困りの方は相談してみては?

布団を寄付したいときの依頼できる団体

使用済み布団の寄付は積極的には募られていません

布団の寄付は「新品の布団に限る」という団体がほとんど

そんな中で、不要になった日用品の寄付を広く募っている団体がありました

NPO法人ワールドギフト

NPO法人ワールドギフトでは、使用済みの日用品の寄付を募っています

紙おむつや生理用品、動物用品など不衛生な状態でなければ、開封済・残っている物でもOK

物資が不足している国に、寄付で募った日用品を送っています

寄付の方法は以下

  1. 布団を送るの箱大きさ(縦+横+高さ)を測る
  2. 箱の上部に合計の大きさを書く
  3. 布団を箱に詰める
  4. NPO法人ワールドギフトに寄付を申し込む
  5. 集荷の依頼をする
  6. 布団を送る

寄付のしかたを動画で紹介しています↓

寄付をする際の注意点は3つあります

  • 寄付に必要なもの:不要になった布団+箱+寄付額+送料
  • 1箱当たりの大きさによって寄付額が決まっている
  • 集荷の手続きは自分でする必要あり

布団の他に、日用品を詰める箱の大きさに応じた寄付をする必要があります

布団の場合は、縦+横+高さの合計が160㎝以上で、寄付額は2,900円

寄付額とは別に、送料が発生するのでご注意を!

使用済みの布団は寄付はできないことはないですが、他の方法よりも費用がかかる可能性あり

寄付をしたい気持ちがあるなら、別の日用品を送ったほうが手間がかからないかも

布団処分はニトリでもOK|まとめ

  • ニトリ
  • イオン系列店舗
  • コーナン
  • 不用品回収業者
  • 粗大ゴミ
  • 細かく切って燃やせるゴミ
  • ジモティー
  • 引っ越し業者
  • NPO法人ワールドギフト

おうちにある布団をとにかく安く処分したいなら、粗大ごみで出すのが1番

タダより高い物はないと言いますが、世の中そんなにうまい話はないですね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました